社員研修を社内で行うメリットやデメリット

社員研修を社内で行う場合にはメリットやデメリットがあります。
メリットとしては、会社の理念、職場の状況をよく理解しているマネジメント層が教育することにより、社員が仕事に関しての進め方、理念教育により考え方などさまざまな点において理解を深めていくことができる点にあります。
デメリットとしては、所属部署と違う部署が社内研修を企画してしまうケースもあり、結果としてその研修を受けてしまう側のモチベーションが下がってしまう可能性がでてくるためです。
所属部署が違う場合には、研修を受ける社員としては、あまり関係がないという気持ちが芽生えてしまうと研修そのものに気持ちが入らない、集中できない状況となり逆効果になる可能性もでてくる可能性がある点がデメリットになるケースもあります。
ただし、研修によって得られるものはそれなりに多いため、メリットやデメリットを踏まえたうえで、社員、会社、双方に有益となる社員研修を行うようにしましょう。